砂の器のような傑作をかけそうな雰囲気だわよー イケメン先生の小説だわよー