としをかさねていくのかもだわねー… そんな晴海先生の小説だわよー